​アイシンブログ

山で怖いもの、その1

 こんにちは!アイシンフォレストの佐藤です!久しぶりの更新となってしまいました。みなさんお元気ですか?私は元気です(笑)


 まだ怪談話には早いのですが、先日、怖いなぁと思う体験があったのでブログにしてみました。


 今週の岩手県内ですが、かなり大気が不安定でした。その日、仕事中は雨に当たらなかったんですが、帰り道の車でゲリラ豪雨に見舞われたんです。真っ黒い雲に覆われたかと思ったら、一気に風が強くなって今までに経験した事のない雨、そして雷!さらにはヒョウまで降ってきました。仕事中じゃなくて本当に良かったと思いましたね…


 私たちの仕事はいつも天気と睨(にら)めっこなんですが、私は特に雷に神経使ってます。

 別にカミナリ鬼が怖いわけじゃないんですよ?むしろ夜中に光ってる雷を眺めるのは好きだし、お天道様って荘厳だなぁって感じるんです。ただそれは、安全な家や車の中で見てるから。山の中で伐採してる時なんかに雷雨になった時を想像してみてください。標高が高くて雲に近い。そして伐採が終わって隠れる所が無い、もしくはいかにも雷が落ちそうな木が数本とか。鬼太郎じゃないけど、そりゃもうアンテナがビンビン危険を知らせます。

 一説には人に雷が当たる確率は1000万分の1とか。宝くじに当たる確率と同じって言う人もいます。宝くじならいくら当たっても良いですが、雷ならほぼ終了ですからね(汗)

 ゴロゴロ鳴ってる時は気をつけましょう!

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示