​アイシンブログ

体力勝負



この前まで新緑だったのに、どんどん緑が濃くなってもう夏ですね。


 皆さん、こんにちは!アイシンフォレストの佐藤です!まだ6月だというのに、連日暑いですね!

 さて、5月から6月といえば植林の季節ですが、我が社の造林班も先週まで植え付けしてました!




50センチくらいのスギやカラマツの苗木を1本、1本、山肌に植えていきます。


 林業は昔から体力のいる過酷な労働環境でした。機械化、省力化が叫ばれ、高性能林業機械の導入が進んできているとはいえ、造林と呼ばれる作業は、まだまだ人の力に頼らなくてはならない所が多いです。

 山の上に苗木を運ぶのも、車が入れるとこなら良いですが、そうでない所は苗木を担いで、山をえっちらおっちら登って行きます。

 最近、ドローンで苗木を運ぶ実験をしているそうですが、コスト面などで実用化はまだ先になりそうですね。




上の写真では1人100〜150本の苗木を担いでいます。まさに体力勝負ですね。

 

 林業を志ざす方に、よく「体力は必要ですか?」と聞かれますが、人並みの体力があれば大丈夫だとは思います。ただし、過酷な現場も必ずあるということを覚悟しておいてください。力仕事、汚れる仕事、あります。そんな状況でもやっぱり林業が好きだ、って人じゃないと続かないと正直思います。

 最初のうちはキツい時もあるでしょう。そんな時はみんなで協力して助けます。そうしてるうちに体力も付いてきます。自分ができるようになったら、次は誰かを手助けしてあげればいいんです。大切なのは、どんな時でも笑顔を忘れないこと。明るく、前向きなあなたを、この業界は待っています!


67回の閲覧

最新記事

すべて表示

作業日報からのコスト分析①

弊社は、現場が8人、事務が1人という小さな会社ですが、事務の量が地味に多いと感じている今日この頃です。 やりたい事は沢山あるのにその殆どが出来ていないというのが正直な実情です。 やりたい事の中の一つに、現場毎のコスト分析、現場との共有というのがあります。 現場の人たちが現場の事しか知らずに作業している事に以前から疑問に思っていたからです。色々な考え方があると思いますが、弊社は若い人が多く、その人た

​お問い合わせ

フォームからお問い合せのほか、

受け付けております。

お電話からも質問・ご相談

​お気軽にお問い合わせ下さい。

岩手県薪販売,北上市薪販売,薪割パーク運営,薪販売ショッピングサイト,岩手県林業採用情報北上市林業採用情報

© 2018 Aishinforest. All rights reserved.