​アイシンブログ

手袋談議(地拵え・植え付け編)

最終更新: 4月2日



 こんにちは!アイシンフォレストの佐藤です!

 今回からは、林業の現場で必要な物について、職員間でのトーク形式で紹介したいと思います!今日の参加者は伊藤(い)、八重樫(や)、佐藤(さ)。第一弾は手袋についてです。



 さ)現場で必需品っていくつかありますけど、まずは手袋ですよね?何かこだわりとかってありますか?

 や)本当は革がいいと思うんだけどね。滑りにくいし、ピタッとフィットして。ただフィットする分、寒い時期はそのまま寒さが伝わるかな。冬は手首まで覆えるような長めのがいいと思うな。

 さ)たしかに革は柔軟性や耐久性で理想に近いかもしれませんね。伊藤さんはいつもゴム引きの軍手使ってますよね?

 い)社長に言われてからね。この仕事だとどうしても汚れたり破れたりが多いから、コスト的にも一番だよ。

「ゴム引き軍手」




 さ)よく泥とか油まみれになりますから、汚れたらためらわず捨てれるわけですね。

 い)あとは午前中に雨で濡れたら、午後に乾いたの出せばいいし。

 さ)なるほど。

 い)高いのも使った事あるけど、握りづらかったり、すぐボロボロになったりで結局元の軍手に戻るんだよな(笑)

 や)俺は軍手に革の手袋を2枚重ねで使ったりするよ。

 さ)私も最近は軍手に背抜きゴム手袋重ねてます。前は革も使ったんですが、夏に汗でグシャグシャになっちゃって…。

「背抜きゴム手袋」



 い)匂いもするしね(笑)俺は使い捨ての薄いゴム手袋を中に入れて、軍手に汗が移らないようにしてるよ。

 さ)あれはそういう理由だったんですね!


「防振手袋」


や)防振手袋はうちらみたいな仕事には欠かせないけど、会社から支給されたのは、

メーカー品なのに、すぐに破れちゃったなぁ。

それからは自分でショップに行って合うのつけるようにしているよ。

い)歳を重ねてくると感じるんだよ。指に力が入らなくて、握り拳が閉じないんだ。

さ)怖いですね。やはりチェーンソーや刈払機をメインで使う時は必ず専用の防振手袋を身に付けないと自分の身を守れないですよね!

 


ありがとうございました!


 今回話してみて感じたのは、林業の現場では消耗が激しいので、安めの物を短いサイクルで使ってる方が多いようです。もちろん作業内容や天候によって使い分けてます。

 共通するのは、皆さんいろいろと試してみて、使いやすさや耐久性、コストなどから今の形になっています。手のサイズとか好みは人それぞれなので、ワークマンなどで試着して決めるのが良いと思います!

 次回は、雨の日の必需品、カッパ(レインウェア)についてです!

0回の閲覧
​お問い合わせ

フォームからお問い合せのほか、

受け付けております。

お電話からも質問・ご相談

​お気軽にお問い合わせ下さい。

岩手県薪販売,北上市薪販売,薪割パーク運営,薪販売ショッピングサイト,岩手県林業採用情報北上市林業採用情報

© 2018 Aishinforest. All rights reserved.