1: 10の行動指針の内社員さん達は どれが1番嬉しいですか。 ​ ○どれが一番かときかれると、とても難しいです。一つ一つ切り離して考えることができないと感じます。切り口が違うと表現したらいいでしょうか。会社としてはこの10の行動指針の一つ一つの行動指針が一人ひとりの中で充実すれば最高だと思います。 もし、ひとつに…ということであれば私自身は『感謝の気持ちを忘れない』をあげます。 どんなことも自分ことであり他人のせいにすることではありません。他人のせいにして楽になりたい…そういう気持ちになることはたくさんあります。そんな時でもお互いに感謝の気持ちがあれば、会社としても社会としてもいい方向に向かっていくのではないでしょうか。

3:今の林業界での悩みは何ですか。 ​ ○私たちが住む日本という場所がより住みやすくなるために欠かせない仕事だと思うのですが、すぐに結果のみえる仕事でないだけに大切にされにくいところがあると思います。一つ一つの作業も過酷ですが、長い眼で大切な仕事だと理解されてそれなりの収入と理解が伴えばもっと魅力的な仕事になると感じています。 ​

5:社員さん達が貴社に就職して良かったと思う点はどこですか。 ​ ○社長と奥様が上記の理念を大切にしながら、社員を大切にしようと日々考えてくださっていることを感じることです。また、そういう考えを理解した仲間と共に働けることはとても幸せなことです。 ​

2: 5つのSDGsにも取り組んでいますか これから森も会社もより良くする為には、  何が重要だと考えますか。 ​ ○私自身SDGsを深く理解してるとはいえないので、質問の応えとして合っているのかわからないのですが、持続可能な開発目標というテーマの中で、ないものに目を向けることより、今あるものに目を向けて大切にする、という視点も大事ではないかと思います。日本は森林が国土の7割を占めるといわれています。森林を大切にするということは、日本の資源そのものを大切にすることにつながると思っています。森林があってこそのことはたくさんあります。農業も漁業もそうではないでしょうか。 そういう点で森は大切だと思いますし、会社はそれを担う大切な存在です。 森は一朝一夕でつくられるものではないので、どんな作業をする時も、『12つくる責任つかう責任』を意識した行動をとりたとりたいと考えています。

4:「3」を解決する為には どんなことが必要だと考えますか。 ​ ○山や森がどのくらい普段の生活に関与しているか、皆さんに知っていただきたいし、その山ができるのにどのくらいの時間がかかるのか、どのくらいかを知っていただきたいです。手をつけずに自然のままでいればいいのではないかという考え方もありますが、人が生活していく上で手をつけないで生活するという方法と共存していく方法と両方のバランスが大切だということを考える機会が多くなるといいなと思います。

6:最後に高校生に対して、一言いただいてもよろしいでしょうか。 ​ ○山の仕事に興味を持ってくださったこと、とても嬉しく思います。これから社会に出て様々な仕事につくことになると思いますが、どんなこともつながっていて、どんなことも無駄なことはないと思っています。ご自身が楽しいと感じること、好きだなぁと感じること、大切だなぁと感じることを大事に過ごしてほしいと思います。

1: 10の行動指針の内社員さん達はどれが1番嬉しいですか。 →2番に掲げている「仕事を楽しむ事」。個人的にはここに尽きると思いますし自分の人生の目標でもあります。仕事と遊びの垣根を越えて就業時間とプライベートの垣根も超えて熱中出来るものに仕事を昇華(笑?)していければと日々精進してます!

2: 5つのSDGsにも取り組んでいますが、これから森も会社もより良くする為には、何が重要だと考えますか。 思いやりを持つ事。それは想像力?と個人的には思います。特にこうゆう仕事をしていると感じます。木を切ってお金を貰いました。はい、終わり。ではあまりに無責任です。切った後その山はどうなるの?次の世代の林業はどうなるの?それが原因で災害や山の保水力も落ちて水も枯れゆくゆくは海にも影響が出ていく。そうゆう想像力を働かす事がこうゆう仕事をさせてもらってる以上最低限の責任かなと思ったりします。そう考えると切った木も無駄にしたくない。ちゃんとした正当な価値を付けてやりたい。いやもっと言えば付加価値を付けて新たな魅力を発見し発信したい、木も人も喜ぶような循環を作っていきたい、、と想像力は膨みます。その想像にワクワクしながら一つずつ実現していくことで森も会社もきっとより良いものになっていくはずだ!と信じています。

3:今の林業界での悩みは何ですか。 とても素敵な仕事なのに残念、現状お金が安いです。(木の単価や仕事に対しての対価が)

4:「3」を解決する為には  どんなことが必要だと考えますか。 今までの常識に囚われない自由な発想で木の魅力を最大限に引き出す事。また林業をベースとしつつもそこから派生した新たな事にどんどんチャレンジしていけるフットワークの軽さもこれからは必要になってくる気がします。

5:社員さん達が貴社に就職して良かったと思う点はどこですか。 そんな生意気な2年目(自分)の意見も聞いてくれるところ!直感的に良いと思ったものは新人の案でも受け入れてくれる。なかなかこうゆう会社はないと思っています! ​

6:最後に高校生に対して、一言いただいてもよろしいでしょうか。 もう40手前のおっさんですが、それこそ高校生の頃からどう生きてくか悩みに悩んでさまよっていろんな所を旅しこの道に辿り着きました。分かった事、結局結論はシンプルだったって事。そのシンプルに気づくのに20年近くかかりました(笑)自分のような遠回りはしないでね。道に迷った時は頭でなく心が求める方に舵を切ればだいたい正解だと思いますよ!頑張って下さい!希望の星達よ!