Q&A

森林所有者から森林をとりあげるのですか?


山のオーナー様が誰かわかっていて、経営や管理がきちんと行われていれば、これまでどおり経営や管理が継続されるよう支援します。




山を預けるメリットはなんですか?


木材の販売収益から一部お返しします。山の整備をすることで、環境が良くなり災害を防げます。




役所や役場に従わなかった場合「所有者不明林」にされて、勝手に伐採されますか?


山のオーナー様の意向を無視し進めることはありません。意向を踏まえ、同意を得てから経営管理の内容を決定します。




山の木を全部きるのですか?


山のオーナー様のご希望に合わせます。山の環境に合った計画をします。




木を切ったら後は放置されますか?


全ての木を切りだす山は新たに植林し、さらに植林した苗を林業経営者に整備してもらいます。




整備をしてもらえなくなることはありますか?


長期的に山を整備できる林業経営者を選びますので、途中で放棄することはありません。





芝生ベース.png

​新しい山の作り方

新たな森林管理システム!

森林経営管理法って何?

手入れがなされていない森林について、適切な経営や管理の確保を図るため、市町村が仲介役となり、自ら管理することが難しい森林所有者と意欲と能力のある林業経営体をつなぐ制度です。


この制度を活用して、健全な森づくりを進め、山地崩壊の防止水源のかん養木材の生産など、森林の持つ多面的機能を高めていきます。

山のオーナー様.png

​森林経営管理法に係る人たち

役所.png

​山のオーナー様

​市町村

林業経営者.png

林業経営者